注射

気を付けるポイントは

厚労省が承認するボトックスを選ぶほか、日程に留意するなど、ボトックスの小顔施術を受ける時は、気を付けておきたいポイントが幾つかあります。カウンセリングでは医師に希望が伝わったか確認するのが大切で、相談内容を予めリストアップするのもコツです。

詳しく見る

カウンセリング

後悔しないために

小顔になりたいという方は、ボトックス注射という施術方法がある事を知らない方は知ってもらう必要があります。この注射をうつ事でどのような効果があり、影響があるのかをしっかりと頭の中に入れておく事が重要です。

詳しく見る

看護師

お手軽な施術

美容クリニックで小顔を目指している人に人気があるのがボトックス注射です。この施術は筋肉の働きを弱める効果があるので筋肉が発達していることで顔が大きく見える人ほど有効な治療方法です。咬筋が発達している人は美容クリニックで相談をしてみましょう。

詳しく見る

注射

余白を減らしてスッキリと

余白が大きい顔の原因が咬筋にある人は、ボトックスの小顔注射が向いています。内出血や痛みはこの小顔治療の副作用ですが、血行が良くなれば内出血は後からでも発生するため、術後当日はスポーツをしたり、湯船に入ったりするのは控えましょう。

詳しく見る

女性

安心の治療方法

ボトックス治療は小顔になりたい人に有効な治療で、ダウンタイムも少なく気軽に治療を受けることができます。全くリスクがないわけではありませんが、経験豊富な知識が在籍しているクリニックを選ぶことでリスクもゼロに近い状態で治療することが可能です。

詳しく見る

入院する必要がない

医者

短時間で終えられる施術

ボトックスで得られる効果としては、小顔・たるみやしわの改善ということが挙げられます。仕組みとしてはボツリヌス菌を注射することで筋肉を麻痺させます。筋肉を麻痺させると聞くと驚きますが、麻痺させても食事を食べるのにも話をするのにも困ることはありません。一つだけ心配するとするならばボトックスは注射なので痛みがどれくらいのものなのか想像がつかない怖さでしょうか。腕への注射はちくっと痛みがあるくらいですが顔への注射となるとそう経験することはありません。未知のものへの恐怖感があるかもしれませんが、大丈夫です。麻酔を利用することも出来るので、個人差もありますが腕への注射は麻酔なしでするのですから、それに比べたら麻酔をしてからの注射であるボトックスは何も感じないかもしれません。麻酔も、注射ではなく麻酔テープなので注射を打つ部分にペタッと張るだけ。麻酔テープの効きはゆっくりなので時間はかかりますが、痛みを感じることなく小顔になり、たるみやしわも改善することが出来ます。ボトックスは美容外科で受けることとなりますが、美容外科は予約制のところがほとんどです。事前に予約をしておきましょう。診察当日は、お化粧をしていっても大丈夫です。注射をする部分にお化粧がされていてもふき取りながら施術をしますので家からすっぴんのままで行く必要はありません。また、帰りも施術後はすぐにお化粧も出来ます。美容外科へ着いたら、医師の診察の前にカウンセリングがあります。ここで小顔になりたいなどの悩みや自分の希望を伝えることとなります。そのカウンセリングでの内容に沿って医師の診察となりますが、悩みの内容によってボトックスがいいか、または違う最適な施術方法を提案されることとなります。ボトックスでの施術となった場合は、麻酔テープで麻酔をかけます。三十分ほど麻酔に時間がかかることとなりますが、注射自体はあまり時間がかからず、施術する範囲によって違いますが狭い範囲ならば五分から十分もあれば済みます。たったこれだけで小顔を手に入れることが出来る手軽さがボトックスの良いところです。

Copyright© 2018 小顔に憧れている方必見!手軽さがボトックスの良いところ All Rights Reserved.